FRIDAY

「超ド級の自分好き」木嶋佳苗は3度目の獄中結婚を維持できるか?

無料

『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』(徳間書店)、『木嶋佳苗劇場』(宝島社)などの著作があり、「平成の毒婦」木嶋佳苗を公判で見続けてきたライターの高橋ユキ氏が、先日報道された3度目の獄中結婚についてレポートする。

「超ド級の自分好き」木嶋佳苗は3度目の獄中結婚を維持できるか?
すべての写真(全1枚)

首都圏で発生した連続不審死事件で3件の殺人罪のほか、詐欺罪や窃盗罪などに問われ、2017年5月に死刑判決が確定した木嶋佳苗死刑囚(44)。彼女が3度目となる獄中結婚をしていたこと、そしてその相手が『週刊新潮』(新潮社)のデスク・X氏であることを4月24日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた。しかし、私が法廷で見た木嶋死刑囚は、結婚を人生のゴールとは捉えていない女性だった。あくまでも金を得るために「結婚」をちらつかせていたにすぎない。彼女はいかなる思いで今回の獄中結婚に至ったのか。

逮捕以前から、周りで男性が次々と亡くなる“疑惑の女”として、長くメディアを騒がせてきた木嶋死刑囚が、被害者となる男性たちを探していたのはある婚活サイト。ここで何人もの男性にコンタクトを取っては、結婚をチラつかせて金を騙し取り、またそのうち3人の男性に関しては、練炭自殺に見せかけて殺害したのだ。彼女は一部の詐欺や窃盗を除き、一貫して犯行を否認していたが、これらは公判で事実であると認定されている。

婚活サイトを舞台として何人もの男性を手玉に取った稀代の婚活詐欺師……そんなパブリックイメージが出来上がっていた木嶋死刑囚、逮捕前から自ずとその容姿に注目が集まっていた。2012年1月からさいたま地裁で開かれた一審公判でも、記者らは木嶋死刑囚の服装や髪型、仕草に至るまでを目に焼き付けようと、傍聴席から身を乗り出し、その様子を凝視していた。

この一審初公判で、彼女はブルーのニットカーディガンにベージュのスカートで法廷に現れたものの、午後には服を着替えて登場するという前代未聞の“お色直し”を見せ、記者らを驚かせた。その風貌は、逮捕前にテレビ等で見ていた写真とは若干異なり、艶のある美しい肌とぷっくりした唇、そして、どのようにセットしたのか不明だが、常に内巻きカールで整えられたボブヘアーが印象的な「地味ながらも清潔感のある可愛らしい女性」であった。穢れを知らない少女のような声も印象深かったが、彼女はそんな無垢な声で際どい発言を繰り返した。

「具体的には……テクニックというよりも本来持っている機能が高いという事で」

すべての写真(全1枚)
本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.