FRIDAY(フライデー)

300億円を超える物件も! 「廃墟官舎」が売れないワケ

恵比寿、神宮前、新宿ほか
都内の超一等地でボロボロ状態
国有地宿舎廃止決定から11年も経っているのに……

民主党・野田政権下で国家公務員宿舎の削減・売却が決定してから今年で11年。しかし、恵比寿、白金台、新宿など都内の一等地では、公務員が住まなくなって久しい「廃墟官舎」が、いまも荒れ果てた状態で取り残されている。

「どの旧官舎も都内の一等地にあり、場所によってはタワマンが建てられるほどの広さがあります。民間の不動産業者からしたら、『絶対に儲かる土地』ですか
ら、喉から手が出るほど欲しいでしょう」(住宅ジャーナリスト・榊淳司氏)

+5
すべての写真(全8枚)

関連するタグ

  • PHOTO濱﨑慎治

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.