FRIDAY

アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される

FBIに逮捕され10年以上服役した日本人チカーノ・ケイが明かす驚愕体験

アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される
すべての写真(全6枚)

インタビューに応じるケイ氏。ハワイでFBIに逮捕され、アメリカで10ヵ所以上の刑務所に服役したという

 味噌樽に3㎏の覚醒剤を入れてハワイに密輸したんですが、FBIのおとり捜査に引っかかり、滞在先のホテルに踏み込まれた。トイレにブツを流したんですけど、2㎏しか流せなくて。逮捕されて、懲役10年8ヵ月の判決を受けました。

 そう語るのは、チカーノ・ケイ氏(57)。’61年に東京都中野区で生まれ、中学時代に極道の世界へ入り、’93年に覚醒剤の密売でFBIに逮捕された人物だ。’07年に出版した著書『KEI チカーノになった日本人』(東京キララ社)が話題を集め、今年5月には新刊 チカーノKEI 歌舞伎町バブル編 を上梓。『チカーノKEI〜米国極悪刑務所を生き抜いた日本人〜』で漫画化、今年春には映画化もされた伝説のアウトローが、アメリカ極悪刑務所での驚愕体験を明かした。

+3
すべての写真(全6枚)
+1

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.