FRIDAY(フライデー)

【最新空撮】軍艦島の威容

長崎の沖合に鎮座する世界遺産は、度重なる大台風の襲来で崩落が進む

戦艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれた人工の島
炭鉱が閉山し、島民たちがいなくなってから約50年
アパートの廊下は崩落、木々がコンクリートから顔を出す。

「今のうちに撮っておかないと、どんどん崩れていってしまう。今の姿をしっかり記録しておきたいと思ったんです」

今年9月、"世界屈指の美しい廃墟"との呼び声高い「軍艦島(長崎県・端島(はしま))」を撮影した写真作家の吉永陽一氏はそう話す。吉永氏は小型機に乗り地上300〜1300mの上空から日本全国を撮影してきた。軍艦島はこれまで撮影してきたなかでも「密度が濃かった」という。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

  • 撮影吉永陽一

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.