FRIDAY(フライデー)

「虐殺の街」ブチャ 戦禍と復興の3ヵ月

総力取材 激動のウクライナ

フォトルポルタージュ
息子の近くでレイプされた女性、身元不明の遺体を埋葬する男たち……
キーウ奪還から約半年、住民は心と身体を深く傷つけられながらも、未来を探していた

「子供たちが遊ぶテントで取材をしていたら、近くで大きな爆発音が聞こえました。びっくりしていると、子供が無言で、地雷が描いてあるポスターを指差したんです。子供たちが地雷の爆発音に慣れてしまっている異様な状況でした」

今年2月末、ウクライナの首都キーウ近郊のブチャに侵攻したロシア軍は、1ヵ月にわたって街を占領した。フォトジャーナリストの小野寺翔太朗氏が現地に入ったのは、今年6月。それから3ヵ月間、戦禍の傷跡が生々しく残るブチャの街と人々をカメラで捉え続けた。

+7
すべての写真(全10枚)

関連するタグ

  • 写真小野寺翔太朗(フォトジャーナリスト)

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.