FRIDAY(フライデー)

芸人 永井佑一郎が語った「アクセルホッパー」の知られざる葛藤

インタビュー
リズムネタで一世を風靡するも、実は「バナナマンみたいなコントをやりたかった」
二度の事務所移籍を経て現在はネタをNFTで販売中

「僕の人生を変えたのは確かにアクセルホッパーなんですけど、売れ始めた頃はキャラを演じるのが嫌でしょうがなかった。もっといろんな自分があることを見てほしかったんです」

パンパンスパパンパンスパン! ’00年代中頃、「アクセルホッパー」のリズムネタで一世を風靡した男を覚えているだろうか。芸人の永井佑一郎(44)である。芸歴24年の永井は、「バカテンポ」と銘打った陽気なキャラでのブレイクと、本来思い描いていた芸人像との距離に、葛藤し続けてきたと言う。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

  • PHOTO佐藤隼秀

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.