FRIDAY(フライデー)

河野太郎大臣が旧統一教会関連団体の創設大会に祝辞を贈っていた

独占入手
「運動のご発展を心から祈念申し上げます」
「霊感商法検討会」を立ち上げ、「団体の解散」にも言及。自らは一切の関係を否定していたが……

その日、東京全日空ホテル(現ANAインターコンチネンタルホテル東京)の大宴会場は900名もの客で超満員だった。

在日同胞の統一は韓半島(朝鮮半島)の統一の始まり。そう謳う「平和統一聯合」の創設大会が始まり、来場者たちは快哉を叫んだのだが――会場で取材していた写真家でジャーナリストの伊藤孝司氏はすぐに違和感を覚えたという。

河野大臣キモ入りの「霊感商法検討会」は紀藤正樹弁護士ら強力な布陣。会議の様子はネットで公開されるとあって国民の期待大だが
すべての写真(全4枚)

「在日コリアンのための平和団体だと聞かされていたのですが、主催者の挨拶などに『真の愛の精神』『天意に従う』という宗教用語が繰り返し使われていて、日韓トンネルの話まで出てきたところで、『これは統一教会(現世界平和統一家庭連合)傘下の団体だ』と気付きました」

伊藤氏があらためて大会パンフレットの来賓をチェックすると、統一教会の幹部(当時。以下同)や統一教会傘下の鮮文(ソンムン)大学総長などの名前があった。

「驚いたのは、自民党と民主党(当時)の代議士3人が壇上に並んでいたこと。司会者に紹介された後、挨拶した議員もいました。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

  • PHOTO鬼怒川 毅(1枚目) 伊藤孝司

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.