FRIDAY(フライデー)

習近平が大絶賛する空母「遼寧」 知られざる裏歴史

ウクライナから香港の実業家が20億円で購入、海上ホテルにするつもりが
中国政府によって接収、購入費用は1元も支払われず裁判にまでなっていた……

実際に「台湾有事」が勃発した際、中国軍の主力となるのが3隻の空母だが、実は国際社会では、「米国空母の相手にはならない」との見方が圧倒的だ。今年6月に完成した「福建」は推進装置で艦載機を発進させる「電磁カタパルト」を搭載した最新型だが、「山東」と「遼寧」はそり上がった甲板から発艦する「スキージャンプ式」。特に’12年に完成した中国初の空母「遼寧」は、時代遅れの”骨董船”なのだ。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

  • PHOTOロイター/アフロ  徐氏の友人提供

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.