FRIDAY(フライデー)

「サル痘から身を守るためにすべき5つのこと」

WHOが緊急事態宣言
頭痛、発熱、全身に広がる発疹と水膨れ、子供や妊婦には重症化リスクも

ネズミなどの齧歯(げっし)類に嚙まれた人が感染。アフリカの熱帯雨林の村で限定的に発生する――これまでの、サル痘の発生パターンだ。関西福祉大学の勝田吉彰教授(渡航医学)は「このパターンが崩れたことで、世界保健機関(WHO)は緊急事態宣言に踏み切った」と指摘する。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

  • PHOTOCourtesy of CDC/The Mega Agency/アフロ(1枚目) 時事(2枚目) EPA=時事

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.