FRIDAY(フライデー)

“五輪のドン”高橋治之氏 本誌取材に「ブチギレ回答」の中身

4500万円の"顧問料"に続き、2億3000万円の不透明なカネが発覚
今になって明らかになった東京五輪の闇
「こういうことは必ずある。いちいち気にしてたらオリンピックなんて呼べない」

7月下旬の夜11時、世田谷区内の豪邸の前に黒塗りのマイバッハが停まった。後部座席に乗った元電通専務の高橋治之氏(78)は、顔を隠すように分厚い財布を翳(かざ)している。記者が窓越しに声をかけるも、高橋氏は一瞥(いちべつ)するだけ。車は邸宅の敷地内へと入っていった。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

  • PHOTO蓮尾真司

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.