FRIDAY(フライデー)

『レイプ法廷』で直接対決 伊藤詩織さん「私は泣き寝入りしない」

‘15年に元TBS記者によるレイプを受けた詩織さん。現在は精神的苦痛から海外生活を強いられている。

『レイプ法廷』で直接対決 伊藤詩織さん「私は泣き寝入りしない」
すべての写真(全1枚)

’17年に東京・三軒茶屋で本誌の取材を受けた時の詩織さん。その後、バッシングに傷つき、生活と仕事の拠点を海外に移したという

「(口頭弁論の)当日を迎えるまで、実際に彼と対面したときに身体がどういう反応をするのか、心配は尽きませんでした。しかし、実際にその日を迎えてみて、パニック発作などを起こすこともなく、質問に答えることができたと思います。色々な気持ちが沸き起こりましたが、実際に彼の表情を見ながら話を聞くことができたので、それはよかったです」

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.