FRIDAY(フライデー)

「必要ないものはすべて省く」お笑いコンビ・キュウが語る美学

2022 M-1、KOCへの道:「キュウ」【後編】

着実に存在感を示している「キュウ」のぴろ(写真左)と清水誠(同右)(撮影:スギゾー)
すべての写真(全5枚)

“非日常的な会話”を武器とした漫才で、ネタ番組や賞レースでも存在感を示しているお笑いコンビ・キュウの清水誠とぴろ。彼らの特異な世界は、毎年開催される単独公演でこそ堪能することができる。昨年6月には、オンラインサロン「研Q室」を開設。これまで以上にネタ作りにかける時間が増えたという。

そんな彼らの活動方針やルーツとはどんなものなのか。「研Q室」での活動やネタの作り方、別ジャンルから影響を受けたという単独ライブの演出、昨年のM-1王者・錦鯉に対する思いなど、唯一無二の世界を形成するコンビの核心に迫る。

【前編はこちらをクリック】

「研Q室」は賞レースにもいい方向に

――昨年6月にオンラインサロン「研Q室」を開設されています。1年ほど経ちますが、現時点で手応えは感じていますか?

ぴろ:今の僕たちからしたらけっこう会員さんも入ってくれてますし、「この人たちを喜ばせよう」っていう対象がはっきりとしたなっていうのはあります。それと、「毎月1本ネタ作り配信」っていうのをやっていて。会員の方からもらったテーマをもとに毎月1本ネタを作って、3カ月に1回サロン内のライブをやるのも楽しい。単純にネタを作る本数がめっちゃ増えましたね。

清水:ぴろが言ってる通り、ネタをいっぱい作れてるのもいい循環だなと思いますし、ファンの方の声がダイレクトに届いてくるから、単純に嬉しいっていうのもあります。

あと、頻繁に新ネタをおろせるっていうのが今すごく楽しくて。僕、本来はネタ合わせって大嫌いなんですよ。ネタ覚えたりするのも面倒くさいなって思うぐらい。とくに単独ライブは一気に9本ぐらい覚えて、その中のネタを1年ぐらいやるのがルーティンみたいになってたんです。

それが、サロン内のライブで新鮮な気持ちに立ち返れたというか。昔の感覚を取り戻せた感じがするんですよね。

ぴろ:サロンを始める前は、単独ライブのためにすべて時間を使ってましたからね。最初のほうは年2回やってて、基本的には一気にそこでネタをおろすんです。単独ライブのためにネタ作って、終わったらまた次のネタを作り始めるみたいなルーティン。今はもっと作るようになったからけっこう忙しくはあります。

清水:このスパンでネタ考えるのは、ホンマに大変やとは思いますね。

ぴろ:でもそこからいいネタもできてくるし、頻繁におろす機会もできたから、M-1とか賞レースにもいい方向に働いてると思います。しっかり結果を残して、どんどん会員も増えていくといいですね。まだ今は「キュウの株を買って持っておきたい」って人たちが集まれる場所を立ち上げたばかりの状態ですけど、これから本当に「始めて良かった」って思えるようなサロンになっていくと期待してます。

キュウは“面白い会話”を作ってる

――ネタはお二人で話しながら作るそうですね。単独ライブを想定してテーマを先に決めてからネタに取り掛かるんですか?

ぴろ:基本的には単独ライブの構成とかパッケージ、イメージ、ストーリーっていうのを決めてから、それに合うようなネタを作ってます。今はそれとは別に、サロンのほうで毎月1本。やっぱりネタが大事というか、“ネタの人”っていうイメージは大切にしたいなと思ってます。

――ネタの仕掛けがすごくよく練られているなと感じます。最初はどんなところから作っていくんですか?

ぴろ:ネタによりますね。最初にボケから作り始める時もあれば、この言葉で面白くしようとか。その時によるかなっていう。

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

  • M-1
  • お笑い芸人
  • 取材・文鈴木旭

    フリーランスの編集/ライター。元バンドマン、放送作家くずれ。エンタメ全般が好き。特にお笑い芸人をリスペクトしている。2021年4月に『志村けん論』(朝日新聞出版)を出版。個人サイト「不滅のライティング・ブルース」更新中。http://s-akira.jp/

  • 撮影スギゾー

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.