FRIDAY(フライデー)

さらに激化 香港反政府デモは「21世紀の天安門事件」になるのか

「逃亡犯条例」改正をめぐってデモが激化する香港。武力衝突の可能性が危惧されるが

さらに激化 香港反政府デモは「21世紀の天安門事件」になるのか
すべての写真(全4枚)

8月25日の夜、九龍半島の荃湾地区で、警察がデモ隊に初めて威嚇発砲を行った。中国政府はこの行動を支持している

 香港で、「逃亡犯条例」の改正を発端としたデモが激化している。6月9日から始まった大規模デモは、200万人以上が参加するほどになり、香港警察が市民に威嚇射撃を行う事態にまで発展。ついに香港の治安機関は一線を超えたのだ。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.