FRIDAY(フライデー)

千葉真一 遺産相続手続きで飛び出した「偽造借用書」と「遺品盗難」

総力取材スペシャルワイド スターが見せた「一瞬の輝き」

享年82
所属事務所社長が実名告発

一枚の借用書が波紋を呼んでいる。

作成者は「前田禎穂(さだほ)」。昨夏、新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した千葉真一(享年82)の本名だ。借金の額は1300万円とある。何より衝撃だったのは、長男の前田真剣佑(まっけんゆう)(25・現在の芸名は新田真剣佑)が貸し主だったことだ。千葉の所属事務所『アストライア』代表の鈴木哲也氏が告発する。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

  • PHOTO山田宏次郎(邸宅)

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.