FRIDAY(フライデー)

ノーベル賞受賞・山中伸弥教授が懸念する「人類が滅ぶ可能性」

IPS細胞の生みの親はいま何を考えているのか。生命科学研究の最先端から氏が語る

ノーベル賞受賞・山中伸弥教授が懸念する「人類が滅ぶ可能性」
すべての写真(全2枚)

京都市左京区にある京都大学iPS細胞研究所「CiRA(サイラ)」の所長室で生命科学について語る山中教授

「人類は滅ぶ可能性がある」

 司会の一人をつとめていただいた山中伸弥さんが、番組収録中に、こうつぶやいたことに私は驚きました。私たちが取材していた『シリーズ人体Ⅱ 遺伝子』という番組は、生命科学の最前線を視聴者に伝えるもので、その内容は明るく、ポジティブな未来像を描くものだったからです。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.