FRIDAY(フライデー)

ドラマ『全裸監督』で女優・森田望智が「AV女優を演じたワケ」

豪華セットでリアルな演技ができたのは、制作費が「1話1億円」のネットフリックスだから

ドラマ『全裸監督』で女優・森田望智が「AV女優を演じたワケ」
すべての写真(全7枚)

もりた・みさと ’96年生まれ。身長163㎝。’11年に女優として活動を始め、’17年には西武鉄道の企業CM『ちちんぶいぶい秩父』に出演

「オーディション中、ほかの候補者の方の演技に感動して泣いてしまったんです。武正晴総監督をはじめ、監督たちにはそれが印象に残ったみたいです。実は、私が参加する前から何度かオーディションは行われていたらしいのですが、なかなかピッタリの女優さんが見つからなくて、『ヒロイン役は、オーディションで選ぶのではなくオファーにしようか』という話まで出ていたとも耳にしました。そんな状況のなか、監督たちが最後に私を選んでくれて、信じられないほど嬉しかったです」

 そう話すのは、ネットフリックスのオリジナルドラマ『全裸監督』でヒロインを務めた、女優の森田望智(みさと)(23)である。

+4
すべての写真(全7枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.