FRIDAY

ウクライナの人々が歩みだした「復興への第一歩」

現地ルポ
いまだ空襲警報が鳴り響く中

ブチャ、ボロディアンカ、イルピン
ロシア軍の侵攻を受けた
首都キーウ近郊の街の現在

白い砂埃(すなぼこり)が舞っていた。重機が轟音を立てて瓦礫(がれき)の山を掘り起こしていくと、黒い服を着た人の腕が出てきた。

男性の遺体だ。それを取り囲むようにして救援隊が白い袋に包み、近くに停まっているトラックまで運んだ。

+3
すべての写真(全6枚)

関連するタグ

  • 写真・文水谷竹秀

    ノンフィクションライター

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.