FRIDAY(フライデー)

岸、菊池、浅村……毎年主力が抜けても西武が連覇できた理由

防御率4点台とリーグ最下位でも新戦力が台頭するチームの秘話

岸、菊池、浅村……毎年主力が抜けても西武が連覇できた理由
すべての写真(全5枚)

防御率リーグワーストの投手陣をやりくりして見事、連覇を成し遂げた辻発彦監督。エースと正捕手が抜けて内心、優勝は難しいと思っていたという

 岸孝之(34)、野上亮磨(32)に炭谷銀仁朗(32)、菊池雄星(28)、そして浅村栄斗(ひでと)(28)――毎年のようにエースや主砲、正捕手が脱(ぬ)けているのに、そのたびに強さを増し、連覇まで成し遂げる。「常識が通用しないのが西武ライオンズの強さ」だと言うのは夕刊紙デスクだ。

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.