FRIDAY

「国境のピアニスト」が語る 私が戦場でピアノを弾き続ける理由

総力取材 「戦争犯罪人」プーチン大統領の後始末

ポーランド国境の街・メディカ
ひとりのドイツ人ボランティアが避難民の心を癒やしている

毎日午後3時ごろになると、国境の街に優しいピアノの音色が響き渡る。その周りを取り囲むように、避難民やボランティアの人員たちが集まり始める。

ウクライナと国境を接するポーランドの街、メディカ。3月下旬、避難民たちが続々と国境を越え、ポーランドへ入国してきた。その一角で、ドイツ人男性のダビデ・マルテロさん(40)が、屋外のピアノリサイタルを開いていた。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.