FRIDAY(フライデー)

リヴィウの現実 地域防衛隊に志願した女子大生兵士の思い

総力取材 「戦争犯罪人」プーチン大統領の後始末

緊迫の現地ルポ ポーランドからウクライナへ
ノンフィクションライター水谷竹秀が見た「戦争という日常」

毎日鳴り響く警報
若き兵士の葬儀で流れた涙
カラシニコフ銃や手榴弾の扱い方を学ぶ市民たち

ざわついた教室のような部屋に、「カシャッ」という鋭い音が響いた。

「銃弾を装填したら撃って!」

「銃口は常に下に向けましょう!」

「これがパトロールの基本姿勢です!」

指導者の掛け声に従って、ウクライナ人の若い女性が真剣な眼差しでカラシニコフ銃を構えていた。その側で、男女20人ほどが体育座りをしながら見入っている。男女比は半々だ。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.