FRIDAY

ウラジーミル・プーチンが失脚する日 側近や幹部を次々に更迭

総力取材「戦争犯罪人」プーチン大統領の後始末

ロシア軍が去った首都キーウ郊外には民間人の遺体が散乱し、拷問や処刑の形跡も
西側諸国の制裁で国内経済は壊滅状態

幻の支持率にすがる"裸の王様"は健康状態も悪化
支持層だった新興財閥「オリガルヒ」「FSB」「ロシア軍」に離反者が続出

4月2日、ロシア軍が撤退した首都・キーウ近郊のブチャ市。フェドリュク同市長は変わり果てた故郷を見て、思わず膝をついたという。民家の庭や路地に無数の遺体が転がっていたのである。後ろ手に縄で縛られた亡骸(なきがら)や、頭に布を被(かぶ)せられた状態で絶命している男性など、拷問の形跡もあった。

+3
すべての写真(全6枚)

関連するタグ

  • PHOTO時事通信社 アフロ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.