FRIDAY

ウクライナ軍大反撃を支えた「5つの要因」

総力取材 ロシアのウクライナ侵攻から1ヵ月 戦況は大きく動き出した

悩めるプーチンは核のボタンを押すのか

「ジャベリン」「スティンガー」など最新手持ち兵器を駆使しゲリラ戦で反攻
揚陸艦を破壊し、制空権は渡さず、首都近郊のロシア軍を20km以上後退させた

「ロシア軍はいま、弾薬や食料、医薬品などの補給が上手くいかず疲弊している状態です。ウクライナ軍はそのタイミングを見計らって、各地で反撃を開始したのだと思われます」(元傭兵で軍事評論家の高部正樹氏)

ロシア軍によるウクライナ侵攻から1ヵ月。泥沼化の一途を辿っていた戦争の局面が変わろうとしている。

+4
すべての写真(全7枚)

関連するタグ

  • PHOTOアフロ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.