FRIDAY

国家権力の嘘を暴く「べリングキャット」の全貌

プーチン大統領の孤独と暴発

ロシア軍のクラスター爆弾使用報道で一躍脚光
創設者兼代表エリオット・ヒギンズがすべてを明かす

「私自身がロシアから狙われていることは確実なので、世界のどのホテルに宿泊しても、食事は絶対に口にしません。毒が盛られている可能性が常にあるからです。私がいまどこにいるかも察知されないように、細心の注意を払っています」

そう語るのは、エリオット・ヒギンズ氏(43)。イギリスのデジタル調査報道機関『ベリングキャット』の創設者であり、現代表である。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

  • PHOTOアフロ 時事通信社

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.