FRIDAY

プーチンが繰り出す奇策「ロシア軍を使わずウクライナを制圧」

米露交渉はまったく進展せず、緊張は臨界点を超えた
専門家は「キエフ電撃陥落もあり得る」と最大の警告

「国境地帯には2月15日現在、12万~13万ほどのロシア軍が集結しています。シベリアの部隊まで召集されており、これは’14年のクリミア併合のときと同じ状況。部隊はミサイル、ロケット砲などの重火器から歩兵戦闘車などの機械化歩兵、サイバー関連部隊、特殊部隊、補給・医療部隊などすべての分野にわたっている。工兵部隊も国境沿いに配備されていて、橋を設置できる架橋車が多く配備されています。ウクライナは水が豊かで川や湿地帯が多く、部隊が侵攻するために不可欠な車両です。侵攻のシグナルと見て間違いないでしょう。
米軍から東欧に派遣された『第82空挺師団』第3旅団は紛争が起きる可能性が高い場所に送られる精鋭部隊。米国が相当な危機感を抱いているという証拠です」(元傭兵で軍事評論家の高部正樹氏)

+3
すべての写真(全6枚)

関連するタグ

  • PHOTOアフロ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.