FRIDAY(フライデー)

衝撃レポート「日本人と覚醒剤」80年全史

ヒロポンの蔓延から、
イラン人売人の登場、タイルートの隆盛……

1941年、覚醒剤(シャブ)は旧大日本製薬株式会社により日本で初めて発売され、商品名「ヒロポン」として流通する。第二次世界大戦中には、眠気を除去し集中力を高めるとして日本軍に重宝された。いわゆる「第一次覚醒剤禍」である。80年にわたる日本人と覚醒剤の歴史はここから始まった。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

  • 取材・文高木瑞穂(ノンフィクションライター)

  • PHOTO共同通信社

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.