FRIDAY

『LOUDNESS』高崎晃が語った「とにかくクレイジーだった40年間」

無料

「マディソンスクエアガーデン」でプレイした日本人初のヘヴィメタルバンド
仲間の死、『X JAPAN』との関係、全米進出の裏側

「日本人として初めて世界で通用したバンドと言われますが、自分たちをすごいと思ったことはないんです」

そう語るのはヘヴィメタルバンド『LOUDNESS(ラウドネス)』のギタリスト兼リーダーの高崎晃(60)。’81年のデビュー以降、40枚以上のアルバム、400以上の楽曲を発表。『B’z』や奥田民生(56)ら日本のロック界を牽引する大物アーティストたちからリスペクトされるレジェンドだ。昨年末に発表した結成40周年記念アルバム『SUNBURST~我武者羅』はオリコンデイリーチャート1位を記録。高崎がロックに生きた40年間の軌跡を語った。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

  • 取材・文尾谷幸憲

    ライター

  • PHOTO濱﨑慎治(1枚目)William Hames(2枚目)カタナミュージック(3枚目)

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.