FRIDAY

西武リーグ連覇を支えた「巨漢の中継ぎ」平良海馬インタビュー

無料

体重100kg投手が投げる球速158kmのストレート

西武リーグ連覇を支えた「巨漢の中継ぎ」平良海馬インタビュー
すべての写真(全6枚)

メットライフドームにて。173cm99kg右投げ左打ち。2018年に沖縄・八重山商工高からドラフト4位で入団

「僅差の展開でホームランが出れば一発逆転という場面で投げること。それがいまの自分の役割です。対戦したいのは、とにかくホームランバッター。誰であろうと絶対にホームランだけは打たれたくないので、力のあるバッターに対して力勝負で抑えたいんです。

 マウンドに上がって投げてみないとその日の状態はわからないけど、今日はどんな感じなのかな? と自分の状態を考えながら投げているのが楽しいです」

 パ・リーグ二連覇を果たした埼玉西武ライオンズ。大量点をむしり取るような強打者を揃えた打線には、シーズン通算100打点超えを果たした森友哉、山川穂高、中村剛也ら、ガタイのいいオトコたちがずらりと並ぶ。が、迫力満点の打撃陣に対して、投手陣はイマイチ不安が残っていた。そこに今年後半、彗星のごとく現れたのが、100kgの巨漢・中継ぎ投手、平良海馬(たいらかいま)だ。決して饒舌ではないが、まだ19歳にして、ふてぶてしささえ漂う。

+3
すべての写真(全6枚)
+1

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.