FRIDAY

衝撃告白 マラソン界のエース大迫傑が“薬物のモルモット”疑惑

大迫が所属するNOPが閉鎖された。同所のドーピング違反を告発した人物の驚愕証言だ

衝撃告白 マラソン界のエース大迫傑が“薬物のモルモット”疑惑
すべての写真(全2枚)

’18年10月、日本記録を更新したシカゴマラソンのゴールで、NOPのチームメイトだった優勝者モハメド・ファラーと握手する大迫。ロンドンとリオ五輪で共に5000mと1万m2種目の金獲得を果たしたファラーだが、サラザール氏による薬物投与疑惑から、’15年には釈明会見を行っている

「ナイキ・オレゴン・プロジェクト(NOP)の閉鎖は当然のこと。トップの指導者がドーピングに手を染めていたのですから弁解の余地はありません」

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.