FRIDAY(フライデー)

プーチン大統領 北京五輪の裏で虎視眈々と狙う「ウクライナ完全制圧」

カザフスタンの大規模デモを大軍で即座に鎮圧し164人を殺害するなど大規模侵攻の「予行演習」は完了した

「ロシアがウクライナに侵攻する確率は99%。時期は北京五輪開幕前の1月中旬頃でしょう。ウクライナを制圧すれば、中東とアフガニスタンに加え、ヨーロッパからも米軍が撤退したというイメージが世界に定着する。日本やアメリカが外交的ボイコットを予定している北京五輪にプーチン大統領(69)が出席し、習近平国家主席(68)と中露の結束をアピールするという筋書き。ウクライナは手土産というわけですよ」(ロシア政治を専門とする筑波大学の中村逸郎教授)

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

  • PHOTOアフロ 共同通信社

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.