FRIDAY

フジテレビ復活のカギはSNS時代にハマった「情報番組の強化」

無料

連載 スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」Inside story of Television

フジテレビ復活のカギはSNS時代にハマった「情報番組の強化」
すべての写真(全1枚)

『シャーロック』制作発表会見に臨む岩田剛典(左)、ディーン・フジオカ(中)、佐々木蔵之介

 フジテレビの看板ドラマ枠「月9」が好調だ。昨年7月期の『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』から『監察医 朝顔』まで、5期連続で平均視聴率2桁をキープ。今月スタートした『シャーロック』も初回視聴率12.8%と好発進した。

「今夏の『監察医 朝顔』の成功はマーケティングの賜物です。フジらしさにこだわらず、視聴者が求めている作品を徹底リサーチ。医療ミステリーが受けるという結論を導き出し、この分野を得意とするテレビ朝日の作品を分析・踏襲しました」(ドラマ制作スタッフ)

 ’04年から7年連続で年間視聴率三冠王に輝いたフジテレビだが、「韓流に偏重している」と視聴者から批判を浴び、抗議デモが起こった’11年に首位陥落。以降、視聴率は下落の一途をたどり、キー局最下位まで転落したのは周知の通り。

「振り向けばテレビ東京」と揶揄(やゆ)された視聴率が、今年に入って上昇。業界でもフジの復活が話題になっている。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.