FRIDAY

東進ハイスクール・西きょうじの非道な行いを元交際女性が告発

無料
1月上旬、新築されたばかりの自宅の近辺で西きょうじ氏は本誌記者の直撃取材に答えた
すべての写真(全1枚)

「現代文の林修先生が在籍していることで知られる大手予備校『東進ハイスクール』の看板英語講師が、西きょうじ先生(57)です。私生活では`17年11月に『週刊文春』で元教え子との不倫が報じられて、その後、離婚しています。どうやらこのスキャンダルに懲りていなかったようで……最近になって一軒家を新築して再婚する予定だと聞いていますが、他にも同時に交際していた女性がいたんです」(西氏の知人)

西氏は京都大学卒の剛腕英語講師として、予備校業界では知らぬ人はいない存在だ。一方で、私生活ではまたもや「不倫関係」に陥っていた。

本誌は西氏と’19年から交際していたというA子さんにコンタクトが取れ、話を聞くことができた。彼女は深田恭子似の30代既婚者である。A子さんは憔悴した表情で本誌記者にこう語った。

「不倫関係を続ける中、私の妊娠が発覚しました。逆算すると、その期間は西先生としか私は関係を持っておらず、父親は西先生しか考えられません。でも、彼からは50万円を渡され、中絶してほしいと言われたんです。今もそのショックから立ち直れていません」

二人の出会いは’19年春。かつて西氏の授業を受けていたA子さんがツイッターを通じてメッセージを送ったことがきっかけで会うようになったという。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

  • PHOTO濱崎慎治

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.