FRIDAY

「紀州のドン・ファン怪死事件」 捜査線上に浮かんだ「真犯人」

「紀州のドン・ファン怪死事件」 捜査線上に浮かんだ「真犯人」
すべての写真(全2枚)

田辺市の自宅でシャブシャブを楽しむ生前の野崎氏。右側の女性が、10年来の愛人である菜々さん(仮名)だ

「茶色い郵便用の封筒から、覚醒剤の注射針が出てきたんです。その封筒には、社長(野崎氏)の前の愛人の名前が書かれていました」

 そう語るのは、5月24日に亡くなった「紀州のドン・ファン」こと和歌山の資産家・野崎幸助氏(享年77)の妻・Sさん(22)だ。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.