FRIDAY

すでに貴乃花親方の「心は折れていた」 引退会見2週間前の寂しい姿

無料
すでに貴乃花親方の「心は折れていた」 引退会見2週間前の寂しい姿
すべての写真(全1枚)

9月9日に本誌が目撃した親方の喫煙風景。通行人が声をかけても反応せず心ここにあらずという様子

 9月25日の夕刻、会見場に現れた貴乃花親方(46)の表情は虚ろだった。

「無念というか悲しい思いです……」

 突然の「退職届」提出だった。貴乃花親方は、内閣府に提出した弟子の貴ノ岩に対する元横綱・日馬富士の暴行事件への告発状について、相撲協会から事実無根と認めなければ廃業させると圧力があったと主張。だが「真実は曲げられない」と、引退を決断したというのだ。親方の心は、どうして折れてしまったのか。

「勝手に告発状を出すわ、相撲協会の調査には応じないわのワガママぶりで、支持していた親方衆の心は離れていました。景子夫人でさえ、愛想をつかし部屋と自宅で別居状態。最近は完全に孤立し、話し相手は支援者の龍神総宮社(京都府宇治市)の祭主・辻本公俊(よしとし)氏ぐらいでした。貴乃花一門から離脱した親方にとってショックだったのは、7月の理事会でなされた、全親方はどこかの一門に所属しなければならないという決定です。一報を聞いた親方は『本当ですか……』と言ったきり、言葉を失ったそうです。クビになるのではと焦っているところに、9月13日には告発状について事実関係を説明するようにという文書が相撲協会から届きました。孤立無援で精神的に追いつめられていた親方は、こうした一連の事態を『自分を廃業に追い込む圧力』ととらえたんです」(相撲協会関係者)

すべての写真(全1枚)
本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.